A.C.V. DIARY

Audio.Camera.Vintage.

20210331

今日は、点検に出していたM10とズミクロンが戻ってきたり、Nikonの28-200Dタイプが届いたりした。

28-200は送料込みで並品3000円ほどだった。この前1900円で買った200mmF4に続き良い買い物をした。

f:id:monoyume:20210401050036j:plainかっこいいよね。フォーカスリングとズームリングのゴツさがいい。

f:id:monoyume:20210401050655j:plainNikon Df + AF Nikkor 28-200mm 1:3.5-5.6D

描写は全体的にシャープネスが強く、ケラレと歪み、周辺は流れる。広角側は収差補正かけないとつらい感じがある。このレンズはフィルム機で使った方がいい気がする。

f:id:monoyume:20210401050716j:plainNikon Df + AF Nikkor 28-200mm 1:3.5-5.6D

M10の方は本体自体の距離計狂いはないのだけど、レンズ側は後ピンになるとの点検結果が出た。ライカでは旧製品は修理不可なので、そのまま未修理返送となる。本体は保証期間内の為、点検とセンサークリーニングを行い返送となった。

色々な修理店に相談したが、相談したほとんどのお店がレンズ内清掃と物理的な破損の修理のみの受付だった為、レンズ精度の調整は難しいとの回答で。店によっては、旧ズミクロンをデジタル機でつかう場合、後ピンは誤差の範囲内と言われたりした。

ピント調整をしてもらえるお店に見つけたが、混みあってるので納期が半年先になるとの事と、オーバーホール代+パーツの費用がそれなりにかかるだろうとの事だった。ライカの後ピン判定だったら、うちなら対応出来るとの事だったので、もし何かあったらその店に相談しよう。

まぁ、ライブビューとEVFで問題なく撮影できているので、ひとまずそのまま使い続けてみて、オーバーホールが必要になった時にお願いしようと思う。